ワーママあるぱかのチラ裏

3歳&0歳育児中のワーママあるぱかが、育児、おでかけ(関西中心)、読書記録、仕事についてチラシの裏書き的に綴る

【おでかけ】ペンギン大好き3歳&0歳と行く!和歌山アドベンチャーワールド ~見どころ、周遊のポイント、0歳児でも楽しめる?など~ 【体験記】

10月下旬に、3歳の長男念願の和歌山アドベンチャーワールドへ行ってきました。

なぜ念願だったかというと・・・長男は、ペンギンが大好き。

家では、マニアックなペンギンのフィギュアを使って遊ぶほどペンギンが好き。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119223728j:image

 

アドベンチャーワールドにはなんと8種類のペンギンがいて、日本では2か所でしか見れないエンペラーペンギン皇帝ペンギン)がいる場所!

ということもあり、念願だったアドベンチャーワールド、行ってみて大大満足でした!

あくまでぺんぎん好きの子連れのまわり方にはなりますが、記しておきます。

 

また、今回は0歳3ヶ月の次男ももちろん一緒に行きました。

赤ちゃん連れの旅行という観点からも書きたいと思います。

 

 

和歌山アドベンチャーワールドとは

 和歌山県白浜町にある、白浜最大のレジャースポット。

2018年10月現在でパンダの飼育数が日本一(6頭)であり、8月にジャイアントパンダの赤ちゃんが産まれたことでも話題となっている。

また、サファリパークやイルカショー、動物とのふれあい体験も充実していることからも人気のようだ。

www.aws-s.com

 

アクセス

・車だと、大阪からだと大体3時間ほど。

・特急くろしおでも時間は同じくらいだが、パンダラッピングの特急くろしお号は子供にも人気。

※ただし、運行スケジュールは前日18時に発表されるため、余裕をもってパンダラッピング号の予約することは難しい

南紀白浜空港がすぐ近く(バスで6分ほど)にあるため、飛行機でのアクセスも便利。

 

我が家は車で向かったが、和歌山に入ってから白浜までが思いのほか遠く、長男の「そろそろペンギンに会いたいんやけど~!!」コールが激しかった。。

 

 

見どころ(主な人気な動物、スポット)

ジャイアントパンダ(ブリーディングセンター)

6匹(生まれたての赤ちゃん含む)いる。赤ちゃんパンダは見れる時間が決まっているため、あらかじめ確認要。(2018年10月現在)

キリン、ゾウ、ライオンなど(サファリワールド)

サファリワールドは、草食と肉食の2つのゾーンに分かれており、多くの動物がスポットにいる。餌やりもすることができ、間近で見れるため興奮必至! 

イルカ(マリンライブ)

多くのイルカとトレーナーが見せるレベルの高いパフォーマンスは必見。 

ペンギン(ペンギン王国、海獣館)

アドベンチャーワールドには、8種類300羽ほどの多くのペンギンがいる。
▼種類は以下のとおり
エンペラーペンギン、キングペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、ケープペンギン、ヒゲペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギン

日本で、エンペラーペンギンを見れるのはここと名古屋港水族館のみ。


ペンギンに関するツアーアトラクション(ペンギンアカデミー、ペンギンパレードなど)も多く、ペンギン好きにはたまらない。

(ペンギングッズも非常に充実しており、おみやげショップを見るだけでも満足できるほどだった)

コツメカワウソワオキツネザルなど(ふれあいの里

かわいらしい小動物たちと触れ合うことができる。

  

楽しみ方 ~ペンギン好きの我が家の場合~

まわり方のポイント

周遊プランは事前に考えておくこと

アドベンチャーワールドは、多くのツアーアトラクション、イベントがあるため、事前にホームページで時間を調べ、スケジュールを立てることをおすすめする。
(当日もらえるパンフレットにも時間は記載されている)

子連れの場合は授乳・おむつ替え・食事・ぐずり・昼寝などで想定外の展開も多く発生するので、絶対に譲れないポイントだけを決めておくとよいと思う。


プランを立てる際の留意事項

・入園は早ければ早い方がよい。(予約の必要なアトラクションがあるため)
・マリンライブは人気のため、午前中の方がすいている。
・レストランは多くあるため、驚くほどの混雑はしないが、ピーク時間を外す方が良い。
・サファリワールドはまわる手段によって、所要時間が大きく変わってくるため、求めるものに応じ検討すべき。
 (徒歩で回るのが一番動物を近く感じられて面白いが、時間がかかる。ケニア号は無料で効率的に短時間でまわれるが、遠いため雰囲気を感じるくらいの楽しみ方になる。)


我が家の周遊順路および様子など

我が家は、車でどうしても到着が11時頃になること、優先順位がペンギン>>パンダであることから、以下のような順路で回った。
目玉のパンダは見ず。。(笑)

 

到着(11時)

とにかく広い!

f:id:alpaca_pacapaca:20181119223923j:image


レストランにてランチ(11時半~)

平日ということもあり、普通に並ばずに座れた。

子供向けのメニューもたくさんあり、子供も楽しそうにご飯を食べていた。


ペンギンアカデミー(海獣館)(12時半~)

キングペンギンを間近に、飼育員からペンギンの生態について学べる。

多くの子供が集中して話を聞いていた。

説明中にキングペンギンが糞をするアクシデントなんかもあり、楽しめた。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119230116j:image

キングペンギンを触ることもできた!これには長男も大喜び。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119230129j:image


ペンギンパレード(13時~)

たくさんのケープペンギンがよちよち歩く姿に悶絶!

のんびり歩く子、速足で歩く子など、個性も現れていて面白い。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119224114j:image

 

そして、パレード後には本物のペンギンを前に写真撮影もできる。(係員さんが撮影してくださる)

これは思い出に残る大切な1枚となった。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119224531j:image

 

ペンギン王国、海獣館を堪能(13時半~)

初めてみるエンペラーペンギン。大きさと迫力に長男もびっくり。

水槽も大きいので、ペンギンたちも気持ちよさそうに泳ぐのが印象的だった。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119224549j:image


f:id:alpaca_pacapaca:20181119230220j:image


f:id:alpaca_pacapaca:20181119224732j:image

 

 

産まれたばかりのエンペラーペンギンの赤ちゃんもいた!

足の上に乗っている様子はよく見えなかったが、エンペラーペンギンの赤ちゃんが大好きな長男は大興奮。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119224816j:image
f:id:alpaca_pacapaca:20181119224820j:image

 

マリンライブ(14時半~)

今まで見たイルカショーと桁違いの迫力。イルカにトレーナーが乗り、あんなことやこんなことを…!

後ろに流れている映像もドラマチックな仕上がりとなっており、トレーナーの努力、イルカとの絆なども知り、さらに感動する。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119224918j:image


イルカショーをしている後ろには、空港があり、飛行機が離着陸しているのを見れて、それも長男は嬉しかった模様。 

 

サファリワールドをケニア号で周遊(15時~)

朝からはしゃぎまくっていたので、3歳児の体力の限界かそろそろ眠そうになってきていた。(でも寝ない)

歩くのは無理と判断し、ケニア号で雰囲気を楽しむ。

時間があれば、徒歩で周遊した方が格段に動物は近くで見れるし、楽しめると思う。

f:id:alpaca_pacapaca:20181119225036j:image

 

エンジョイドームの遊び場 (16時~)

疲れてきた頃に、エンジョイドームの遊び場を見つけ、入りたいとごねられる。

アドベンチャーワールドに来ているのに・・・と思いながらも、疲れているのだろうと思い、20分ほどパパと長男で遊んだ。

(その間に私はグッズを買いあさる)

f:id:alpaca_pacapaca:20181119225345j:image

 

再度ペンギンを堪能(海獣館) (16時半~)

最後の見納めに。

エンペラーペンギンの赤ちゃんを見ようと思ったが、やはりよく見えなかった。

 

さよならアドベンチャーワールド!(17時)

乗車した瞬間に長男は爆睡。(ホテルまですぐだというのに)

それほど楽しかったということでしょう!

 

ホテル三楽荘へ

宿泊はアドベンチャーワールドからすぐ(5分くらい)のホテル。

0歳児連れにもとても優しいホテルでした!

▼詳細はこちら

www.alpaca-alpaca.com

 

 

0歳児は楽しめる?

授乳室・ベビールーム

エントランスドーム、センタードーム、マリンワールドにあるようだ。
センタードームの授乳室を数回使ったが、平日であったからか空いており、また、広くて使いやすかった。

 

3ヶ月児は1日中爆睡

とにかく、ずっと寝ていた。

時々起きたときに外を見せたり、イルカショーも見せたりしていたが、大きな反応はなかった。

ただ、授乳室も完備されていること、開放的で気持ちいい空間であることなどからか、0歳児の機嫌が悪くなることはなく、とても快適に過ごせた、という印象だ。

 

また、上の子に連れられてきている同月齢くらいの赤ちゃんもたくさんいた。

泣いていても、子連れの方が多いので、気を遣うこともなく過ごせると思う。


感想

家族全員が楽しめた1日

長男だけでなく、親も心底楽しめた大満足の1日だった。
ペンギンがここまで集まっているスポットはなかなかないと思う。
また、イルカショーも迫力があり、もう他の水族館に行けなくなるんじゃないかと不安に思うほど。。(笑)
ベビールームも充実しているので、0歳児連れでも安心してまわれると思う。実際に赤ちゃん連れの方は多くいた。

来年も行きたいなぁ。