ワーママあるぱかのチラ裏

3歳&0歳育児中のワーママあるぱかが、育児、おでかけ(関西中心)、読書記録、仕事についてチラシの裏書き的に綴る

【おでかけ】2歳児といく!六甲山プチ登山 (布引~市ヶ原)【関西 子連れアウトドア】

 

先日、パパと2歳息子が二人で六甲山ハイキング(新神戸~布引の滝~市ヶ原)に行ってきたので、そのレポを。

(あるぱかは自宅安静中のため、今回もパパからの聞き取りをもとにレポを書きます)

 

 

これまでの山登り歴

あるぱか夫妻は登山が好きで、子供が産まれるまでは毎年のように夏はアルプスへ行っていた。

週末は六甲山など近場の山へもよく行っていたが、子供ができるとなかなかハードルは高く・・・ 

でも、0歳児のときにドイターのベビーキャリアを購入し、年に1回くらいのペースで登山、というかハイキングへ繰り出している。

 

余談だが、今回は3回目で、特に時期は毎年決めているわけではないが、3回とも見事にGW!

「新緑がきれいなシーズンになったな~」「よし、登山に行こう!」

→「やはり登山は楽しいな~ でも子連れは体力使うな~ またもうちょっとしたらいこう」

→「暑いから、もうちょっとしてから・・・」

→「うかうかしてると、一気に寒くなったな!また来年やな・・・」

と、毎年同じ思考回路をたどっているのだと思われる・・・単純!笑

せっかくベビーキャリア購入したのだし、もうちょっと頻度をあげていきたいところ。

 

当日の流れ 

出発!

その日の朝、ベッドで皆でゴロゴロしながら「今日なにする~」と話していた。

パパ「天気もいいしな~ よし、六甲山いこか!山のぼろか!」

息子「いくー!やまのぼるー!」(←登山がどんなものかわかっていないと思われ)

そう決めると、二人は1時間も経たない間に出発したのであった。

 

いざ登山!

コンビニでお昼ご飯とおやつを買い、新神戸駅へ。(10時頃)

最初に坂道を少し登り、階段が見える。よし、今からがんばるぞ~というところで・・・

息子「〇〇くん(自分のこと)、うんちしたかもしれんわ。うんちかえにいこか。」

パパ「・・・!!」

前途多難な幕開け。

 

布引の滝到着!

おむつをかえに新神戸駅まで戻り、再スタート。

普段は抱っこ大好きな息子も頑張り、なんとか布引の滝までは歩いたよう。

そこで、さっそくのおやつタイム。そして、

息子「そろそろ、のろか」

なぜかちょっと上から?な口調で(笑)、キャリアに乗ることを自ら提案。

そのあと市ヶ原まではパパがかついで行ったそうな。

息子が歩いたのは計1時間ほど。それでも頑張ったと思う。成長を感じるよ、息子!!

f:id:alpaca_pacapaca:20180502140523j:image

 

市ヶ原到着! 

気つくと、後ろが静かになっていた。ふと見ると、おやつでおなかを満たされた息子は爆睡していた。

そして市ヶ原に到着(12時半頃)してからもしばらくは爆睡していたとのこと。疲れたんだね~

f:id:alpaca_pacapaca:20180502140607j:image

市ヶ原は車でも来れるし、ロープウェイでも来れるので、お昼時はBBQをする家族連れなども多い。

川遊びもできるので、子供たちにとっては持ってこいの場所だろう。

しばらくして起きて、大好きな川でひとしきり遊び、ごはんを食べた。

f:id:alpaca_pacapaca:20180502141118j:image

 

帰路へ ~布引ロープウェイを使って~ 

時間があれば再度山へ行きたかったのだが、計画変更で、ハーブ園の方へ。

乗り物好きの息子はロープウェイにテンションがあがり、機嫌よく下山。

 

▼布引ロープウェイについて(公式ホームページ)

www.kobeherb.com

 

感想・反省

成長を感じた1日

0歳の頃は、ロープウェイも利用し摩耶山

1歳の頃は、同じルート(新神戸~布引~市ヶ原)でハイキング(プチ登山)をした。

 

これまでは基本的にはキャリアに乗っていたが、今回は3分の1は自分の足で歩くことができた息子。成長を感じる!

でもまだ芦屋川のルートは厳しいかなとも思うので、もう一度今回のコースで行くとするかな。

いつかは家族でアルプスへ行くのが夢だ。小学生くらいかな。。

 

布引~市ヶ原は登山・ハイキングデビューに最適

布引の滝もあり、市ケ原では川もあり、帰りはしんどくなったらロープウェイも使える。

道も細い道はあまりなく、舗装されている道もあったりするので、比較的安全。

このコースは子供連れの初めての登山に最適だと思う。

 

子供との登山はトラブル必須 ~臨機応変にできる体制を~

今回も出発と同時におむつを替えにいくことになったり・・・と最初から想定外の事態が発生した。

途中で子供が「しんどい、抱っこ」と言ってくることは容易に想像できるので、3歳くらいまでの子供との登山はベビーキャリアがあった方が安心だと思う。

(もしくは、抱っこひもやおんぶできるようなものを準備をしておく)

 

そして、場合によっては、ゴールまで行かずに潔く引き返すという決断も大事だと思う。

 

 

 

また来年、同じコースをチャレンジしたら子はどんな成長を見せてくれるだろう?

想像するだけで楽しみだ。