ワーママあるぱかのチラ裏

3歳&0歳育児中のワーママあるぱかが、育児、おでかけ(関西中心)、読書記録、仕事についてチラシの裏書き的に綴る

読書メモ

【絵本】「Michi」junaida  ~セリフのない、独特の世界観に3歳児&親が夢中に~ 【書評・レビュー】

年末に1冊の絵本を我が家にお迎えしたので、そのレビューを書きたいと思います。 内容・特徴 セリフがなく解釈が自由 いつまでも見ていられる繊細で奥深い画 表からも裏からも読める 豪華な厚手の紙質 子供との楽しみ方 迷路のように指でたどりながら 登場…

【読書メモ】「男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方」竹内エリカ著 【書評・レビュー】

第2子が生まれてから、時間のなさ、疲労もあるのだが、なんだか最近、長男によく怒ってる気がしては反省する毎日。 こういうときは心を鎮めるためにも、そして何かにすがるような思いで、本を読みたくなる。 そこで、男の子育児の本をメルカリで3冊購入・…

【読書メモ】HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばん敏感な子 明橋大二著 【書評・レビュー】

3歳長男は、保育園の他の子に比べて慎重だと思うことが多い。 例えば、体操教室、時には保育園でも、初めてのことや苦手なことを嫌がったり、やる気がないときは完全にスイッチオフしてしまう長男。 長く高い滑り台も怖がり、できるようになるのは同月齢の…

【読書メモ】「子どもの身長を伸ばすためにできること」額田成著 【書評・レビュー】

3歳長男は気が付いたら身長が平均より低めだった。 夫がそれほど高くない身長なのでそれが遺伝したのか、それとも36週で出産したからなのか、他に原因があるのか。。 と言ってもまだ3歳。悩むにしてはあまりに早すぎる。 ただ、男の子は身長が高い方が何…

【絵本】2歳児息子が大好きな絵本まとめ③(電車・はたらくくるまの絵本)【おすすめ】

こんにちは、あるぱかです。 以前に、2歳児息子が好きな絵本を紹介しました。 alpaca-alpaca.hatenablog.com alpaca-alpaca.hatenablog.com 今日もその続きで絵本の紹介をしたいと思います。のりもの大好きな息子が愛してやまない絵本たちです。 (竹下文子…

【読書メモ】「成功する子は食べ物が9割」細川モモ、宇野薫著 【書評・レビュー】

こんにちは、あるぱかです。 先日、食事についてこんな記事を書きました。 alpaca-alpaca.hatenablog.com 食事について考え方がまた少し変わったのが、タイトルの本を読んでからでした。 たまたま本屋で手に取った本の帯にこう書いてありました。 「冷蔵庫の…

【読書メモ】お母さんのための「男の子」の育て方 高濱正伸著 【書評・レビュー】

こんにちは、あるぱかです。 図書館で大量に育児書&節約関係の本を借りてきており、今日も読書メモを。 学習教室・花まる学習会代表の高濱さんが書かれた本です。 印象に残った箇所だけ抜粋していきます。 本の内容 自立した男の子になるためには 男の子は…

【絵本】2歳児息子が大好きな絵本まとめ① ~竹下文子・鈴木まもるののりもの絵本シリーズ~【おすすめ】

こんにちは、あるぱかです。 我が家の2歳児息子は絵本が大好き。絵本があれば、普通に数時間は持ちます。(親が疲弊する) これから何回かにかけて、息子が大好きな絵本について紹介したいと思います。 今日はその中でも好きなシリーズから。 それは、 竹下…

【読書メモ】モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方 神成美輝著 【書評・レビュー】

こんにちは、あるぱかです。 今日は、話題の「モンテッソーリ教育」の本です。 将棋の藤井総太くんやオバマ元大統領なども幼児期に受けていたのでテレビなどでも特集されることが多いです。 この本はあるぱかとしてはなかなかのアタリで、気づきや共感が多く…

【読書メモ】共働き夫婦のための「お金の教科書」 深田晶恵著 【書評・レビュー】

こんにちは、あるぱかです。 今日は読書メモです。 「共働きあるある」がたくさん書かれていて、自分のことか?!というのも多々。 解説もわかりやすく、さっと読めました。 本の内容 共働き家計こそ「貯まる仕組みづくり」を 保険を見直す 住宅購入の話 子…

【読書メモ】「しっかりした男の子を育てる本」鈴木秀子著 【書評・レビュー】

これまた、図書館でふと手にとった育児本。 2人目も男児ということが分かったので、やたら「男児」特化本に手が行きがち。。 少々価値観は古いかな?という印象は所々あるものの、読みやすくストンと心に落ちやすい一冊。 男の子に不足しがちな部分、求めら…

【読書メモ】「長男が危ない!」杉山由美子著 【書評・レビュー】

さて、最近読んだ本を紹介していきます。 きれいな要約ではなく、あるぱかの心に響いた部分の抜粋をする形式の読書メモになりますので、ご了承を。 (本というのは、読む人によって、また、同じ人でもそのタイミングによって印象に残る箇所は違うと思うので…